読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレアデス手芸部員が何か書くよ

基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ(http://twitter.com/cs_ker)。中の人は『放課後のプレアデス』推しだが、これ関連の記事は稀。ちなみに、「プレアデス手芸部」とは、アニメ『放課後のプレアデス』をモチーフにして、編み物や刺繍等のハンドメイドでなんやかんや作ろうって活動です。twitterでの検索タグは、 #プレアデス手芸部 よりどうぞ。

『森の図書室』×『魔法使いの嫁』コラボ企画簡易レポ

f:id:cerberus_cs:20170116082054j:image

渋谷のブックカフェ"森の図書室"で開催されている『魔法使いの嫁』のコラボ企画に行って来ました。自分が来室した時は、先客は数名だけでしたが、30分もするとお客さんでいっぱいに。コラボとは関係なく、常連の方も多くいらしていたようでした。入り口から面白いお店で、コレは実際に行って確かめてみて下さい。入り口を潜ると、そこは都会の中の隠れ家という趣です。壁一面の本棚には、ざっと見た感じでは、ジャンル関係なく整然と雑多に本が並べられています。カウンターの下にも本棚はあり、そこにも本がズラリと。読みたい特定の一冊を探したい、という人には不向きです。検索端末のある書店か、ネットで注文しましょう。では、ここの図書室をどう楽しむのが良いだろうかと考えてみたのですが、腰を据えて何かをじっくり読む、という感じではないのかもしれません。目に止まった本を料理を食べながらアレコレと"つまみ食い"してみて、気に入った本をココで借りたり、自分みたいに他所で買ったりするのが良いんじゃないかなと思います。

f:id:cerberus_cs:20170116082109j:image

ここからは『魔法使いの嫁』とのコラボについて。展示は原作コミック既刊6冊とデフォルメキャラのパネルスタンド、キービジュアル(かな?)の原画2枚、参考図書10冊です。勿論、全て手に取って読む事が出来ます。※例えば、『妖精辞典』にはシルキーの記述も。

f:id:cerberus_cs:20170116082115j:image

f:id:cerberus_cs:20170116082121j:image
こちらはコラボメニューのシルキーのサンドイッチと、飲み物はシャーリーテンプルをチョイス。ジンジャーエールにザクロのシロップとレモンを加えたノンアルコールのカクテルだそうです。サンドイッチはボリュームたっぷり、というか分厚い!!自分は少しずつ切り分けて食べました。そして、食後に頂いた『魔女の宅急便』のチョコレートケーキ。温かいを通り越して、焼き立てみたいに熱いケーキでびっくりでした。写真のメニューはほんの一部で、様々な本に登場する料理をイメージしたモノだそうです。

f:id:cerberus_cs:20170116082132j:image

f:id:cerberus_cs:20170116082135j:image

さて、今回の企画にあたっての個人的な見解ですが、サンドイッチ食べてコースター貰って帰るだけじゃ勿体無いお店です。せめて、参考図書くらいは一通り"つまみ食い"していかないと。ね?

 

イベントやお店の詳細は下記リンクよりどうぞ。

http://magus-bride.jp/amharclann/special/event/

 

※追記

参考図書の中では、個人的には『不思議な薬草箱』という本が面白かったです。先日から複数記事を上げている『フリップフラッパーズ』の事もあり、ちょうどグリム童話に触れてみたくなっていたところでした。色々なお話やその時代背景等がまとめられていて興味深かったです。

『星の王子さま』から読み解く『放課後のプレアデス』

以前、Twitterに記載した考察から発展させ、加筆修正してまとめたもの。‬

‪※『放課後のプレアデス』及び『星の王子さま』のストーリーに関するネタバレを含みます。‬かなり荒削りな内容ですが、それでもよろしければ。

 

‪さて、デザインワークスで言及されている通り、『放課後のプレアデス』10話のみなととエルナトの容姿は、それぞれ、サン=テグジュペリの『星の王子さま』に登場する、王子さまと飛行士がモチーフになっています。『星の王子さま』に登場する王子さまは、故郷の星に咲いた薔薇の花を上手に愛する事が出来ず、様々な星を巡り、最後には地球で砂漠に不時着した飛行士と出会うのですが、『放課後のプレアデス』においては、宇宙を旅していたのは飛行士であるエルナトの方でした。これは、どういう事なのでしょうか?‬
‪『星の王子さま』において、王子さまが宇宙を旅していたのは、友だちを探す為でした。王子さまは飛行士と出会う前、一匹のキツネと出会い、互いに絆を結び友だちになるのですが、このくだりこそが、みなととエルナトの出会いに反映されているのではないでしょうか?つまり、デザインのモチーフと劇中の役割は一致していない、というのが自分の考えです。また、エルナトのイメージカラーや、最初にみなとと対面した時の様子等に、どことなくキツネっぽさを感じたというのも理由の一つです。‬
‪みなとは自らの運命を変える為、エンジンのカケラに全てをやり直す事を願います。これは、『星の王子さま』において、王子さまが蛇に契約を持ち掛けるシーンを彷彿とさせますが、みなとの願いは叶えられませんでした。これは、『放課後のプレアデス』においては、カケラによって宇宙に帰るのは、飛行士の姿を取ったエルナトの役割だからだと思われます。そして、エルナトはみなとに寄り添い続ける存在ではありませんでした。では、飛行士の役割を担ったのは誰なのでしょうか?‬
‪『放課後のプレアデス』における、王子さまにとっての飛行士、その役割を担ったのは"すばる"なのではないかと思います。みなとはすばると一緒に星を見る約束を交わし、彼女と絆を結びます。彼女は自由に空を飛び回る存在でありながら、王子さまが旅する宇宙の話に耳を傾けます。でも、王子さまが宇宙へ還る後押しはせずに、むしろ、自分のいる世界に引き留めました。だから、残酷なんだと思います。‬

『フリップフラッパーズ』より、ユクスキュルあみぐるみ

f:id:cerberus_cs:20170109232201j:image

アニメ『フリップフラッパーズ』より、ココナの大切な宝物"ユクスキュル"をあみぐるんでみました。色合いに関しては検討の余地がありますが、編み図はこのコの形になるまでに5羽試作してみた結果、これで良いのではないかと考えています。

中細糸、かぎ針5号を使用

f:id:cerberus_cs:20170109232908j:image

10段目までは普通に編んでますが、11〜18段目までは、半分増減無し、もう半分は増し目で編んでます。1段に3目ずつ、片側だけ膨らんでいく形です。また、13段目以降は途中で色替えしています。後から別パーツを縫い付ける方法でも試作しましたが、色替えした方が楽で綺麗に仕上がります。

f:id:cerberus_cs:20170109233414j:image

10段目まで

f:id:cerberus_cs:20170109233443j:image

半分増減無し、もう半分増し目

f:id:cerberus_cs:20170109233520j:image

色替え、写真は18段目

f:id:cerberus_cs:20170109233606j:image

20段目以降は全て黄緑色の毛糸

f:id:cerberus_cs:20170109233907j:image

おしりを平たくする為、8目編みで減らし目してます

 

以下ギャラリー

f:id:cerberus_cs:20170109234036j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234052j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234155j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234139j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234207j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234217j:image

 

考察『フリップフラッパーズ』最終話 "ヤヤカと一緒に二人を見送りたかった"

‪『フリップフラッパーズ』最終話、素晴らしいアニメーションでした。キャラクターの動きだけでなく、背景美術も次々と変わっていき、12話のヤヤカ変身シーンに引き続き、まさかのミミ変身シーンというラスボス演出。夢から覚めて終わるというのも、自分の予想と合致していました。でも、どこか腑に落ちない感覚がありました。‬

‪これに関して、こちらのブログの感想では、「最終話を区切りに、二人は僕らを置いて旅立っていく。」と綴られています。‬
http://wasasula.hatenablog.com/entry/2016/12/30/165910

‪確かにその通りだと思いました。でも、自分はそれだけでは納得出来ませんでした。二人の冒険が続いていく、ココナとパピカにとってこれ以上ないラストです。しかし、自分が予想していた以上に、自分は二人に置いていかれた感覚を覚えました。これはなぜなのか。‬

‪自分は最初、最終話のエンディングにおいて、ココナとパピカが、ヤヤカと一緒に通学しているシーンでも描かれれば、それで納得出来たんじゃないかと考えました。ヤヤカが願った、"ココナともう一度友達になる"という思いが果たされておらず、その心残りは大きいと思ったからです。しかしそれでは、ココナが自分の殻を破って自分の道を進んでいく、というテーマと合致しない、元の日常への帰還となってしまいます。やはり、ラストはああやって飛び立って行く他ないハズです。‬

‪したがって、置いていかれたと感じた感覚の原因は、ラストシーンが誰の視点で描かれているかにあると思います。この物語は基本的に、何も知らなかったココナの視点で描かれていました。ラストシーンにおいても、飛び立った二人が画面の中心にはいます。ところが、二人を見上げる物語の視点は、フリップフラップの面々であり、ミミであり、アモルファスの子供たちであり、そして、ヤヤカのモノでした。この点に関して、自分は、想像以上に二人に突き放されてしまったと感じたのではないかと思います。‬

つまり自分は、メタ的に言って、ヤヤカがココナとパピカをはっきりと送り出すシーンが無いのは、視聴者がココナとパピカにお別れする機会が無いのと同義だ、そう感じてしまったんです。

自分は、ラストシーンにおいて、ヤヤカに「行ってこいよ」って言って欲しかったんです。それに寄り添いたかったんです。突き放されるのでもなく、置いていかれるのでもなく、ヤヤカと一緒に二人を見送りたかったんです。

「さつまいもアイス」レシピ

f:id:cerberus_cs:20161230174639j:plain

自分は、秋冬限定の"おいももなか"が大好物で、そういうアイスが食べたいなと思って作ってみました。

 

f:id:cerberus_cs:20161230174723j:plain

・メイン

さつまいも250g

卵黄2個分

ラニュー糖60g

牛乳100ml

生クリーム200ml

バニラエッセンス

ラム酒(あれば)

 

メレンゲ

卵白2個分

ラニュー糖20g

 

・いもあん

さつまいも250g

ラニュー糖60g

 

1.さつまいもを薄く切って水にさらす

f:id:cerberus_cs:20161230175126j:plain

2.15分ほど蒸して潰す

f:id:cerberus_cs:20161230175437p:plain f:id:cerberus_cs:20161230175529p:plain f:id:cerberus_cs:20161230175648j:plain

3.アイスに混ぜる分と、いもあん用とに分ける

f:id:cerberus_cs:20161230175607j:plain

4.卵黄とグラニュー糖を白っぽくなるまで混ぜる

f:id:cerberus_cs:20161230175737j:plain f:id:cerberus_cs:20161230175820j:plain

5.牛乳と生クリームを人肌程度まで温める

f:id:cerberus_cs:20161230175942j:plain

6.5を4に混ぜ、とろみが付くまで温める

f:id:cerberus_cs:20161230180032j:plain

f:id:cerberus_cs:20161230185055j:plain

7.6をボウルに戻し、3のアイス分を加えて混ぜる

f:id:cerberus_cs:20161230180241j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180325j:plain

8.3のいもあん分をグラニュー糖と併せて火に掛け、練り上げる

f:id:cerberus_cs:20161230180415j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180455j:plain

9.卵白にグラニュー糖を加え、7分立たてのメレンゲにする

f:id:cerberus_cs:20161230180533j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180601j:plain

10.7に9を半分ずつ、バニラエッセンスとラム酒を加えて混ぜる

f:id:cerberus_cs:20161230180628j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180658j:plain

11.時々混ぜながら、4時間ほど冷凍する

f:id:cerberus_cs:20161230180743j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180814j:plain

12.冷やしたいもあんと併せて盛り合わせる

f:id:cerberus_cs:20161230180851j:plain

 

f:id:cerberus_cs:20161231061757j:image

話数単位で選ぶ、2016年フリップフラッパーズ13選

①2016年1月1日〜12月31日までに放送された『フリップフラッパーズ』から選定。
②1作品につき上限13話。
③順位は付けない。

放送日時順で記述。各話あらすじと見所を手短にレビュー。

『フリップフラッパーズ』1話「ピュアインプット」
‪祖母と二人暮らしの中学二年生の少女"ココナ"は、進路を決められず、迷う日々を送っていた。そんな彼女の元に、突然、"パピカ"と名乗る破天荒な少女が現れ、二人はピュアイリュージョン(以下、PIと表記)と呼ばれる不思議な世界へと迷い込む。そこには、見た事のない一面の銀世界が広がっていた。‬
‪アバンのパピカ脱走シーンから分かる通り、テレビシリーズとは思えないレベルで、とにかくアニメーションが動く作品。シナリオ面は、「やっと見つけた」「ココナみたいな匂い」等、終盤になってようやく(視聴者にも、パピカ本人にとっても)意味の分かる台詞も多く、Cパートの解答は10話においてようやく明かされた。‬

『フリップフラッパーズ』2話「ピュアコンバータ」
‪目を覚ましたココナを、いつもと変わらない日常が迎える。冒険は夢だったのかと訝しむココナだが、そんな彼女の元にパピカが再び現れる。PIへの冒険を拒絶するココナだが、彼女の大切な宝物"ユクスキュル"がそこへ迷い込んだことで、二人は再び不思議な世界へと吸い込まれていく。‬
‪PIの美術設計が1話のモノとは全く異なり、このアニメが並の労力では作られていない事を窺い知ることが出来る。また、後の話数で明かされたPIの正体から、今回はユクスキュルの心象が反映されている事が分かる。兎モチーフのデザインはその影響と思われるが、同時に『不思議の国のアリス』を連想させる。‬

『フリップフラッパーズ』3話「ピュアXLR」
‪砂漠を彷徨い歩くパピカを助けたのは、小さな井戸を頼りに暮らす、小人たちの集落だった。ココナとはぐれたパピカは、空から落ちて来た流れ星の話を聞き、それがココナだと確信する。同時に、集落を野盗が襲撃し、パピカはこれを迎撃するが、野盗を牛耳っていたのは、呪いの仮面に操られたココナだった。‬
‪1、2話とは打って変わり、冒頭からPIでの出来事が描かれる。本作初となる本格的な戦闘シーンが描かれ、キャラクターたちが所狭しと動きまくる。また、変身バンクも初公開となり、こちらの描き込みも凄まじい。ストーリーでは、ココナの幼馴染み"ヤヤカ"が本格的に物語の本筋に介入してくる。‬

『フリップフラッパーズ』4話「ピュアイコライゼーション」
‪「インピーダンスがぶれっぶれ」PIではぐれた理由をこう説明され、二人はお泊り合宿する事に。見掛けに反し、女子力や生活力の高さを見せるパピカに対し、何も出来ないと落ち込むココナ。そんな彼女をパピカが励まし、二人の距離が縮まっていく。そして二人は、夜空を見上げながら、流れ星に掛ける願い事を口にする。‬
‪本作初となる、PIでの冒険のない日常(?)回。これまで漠然と「集めれば願いが叶う」等と説明されてきたカケラ(アモルファス)だが、パピカが「内緒」、‬ココナが「家族に会いたい」と語った願い事が、物語の行く末を示唆する重要なキーワードになっている。日常回だが、細部まで描き込まれた画作りは健在。

『フリップフラッパーズ』5話「ピュアエコー」
‪見慣れた学校の景色とどこか似通った非日常。礼拝、読書、お茶会、そして、刺繍…、止まない雨が降る中で、繰り返される甘美な世界。「雨…好き…」「私も…割と好き…」指を絡めてそう囁いた二人は、潤んだ瞳で見つめ合い、夜の眠りに落ちて行く…。しかし真夜中に、ヤヤカがココナに覆い被さり…?‬
‪これまで控えめに(?)描写されていた百合要素が、前面に押し出された一話。しかし、演出は完全にホラーアニメのそれで、部屋の明かりを調整して視聴する事により、二人が如何に"親切な級友たち"に囲まれ、日々を過ごしていたかを知る事になる。3話に続き、クライマックスの時計塔でのアクションも必見。‬

『フリップフラッパーズ』6話「ピュアプレイ」
‪家庭崩壊と分裂する自我、逃げ込んだ先の優しいおばちゃん、手の震え、忘れていく日常、放置された郵便受け、繰り返される若年の思い出話…。「あなたは…どちら様でしたっけ?」そして、少女は逃げ出した…。PIの深部で、ココナとパピカは少女"いろ"となり、彼女の世界を追体験していく。‬
‪PIとは一体何なのか、それが朧げに明かされた一話。"いろ"がおばちゃんに再び出会い、世界が文字通り色付く光景は、言葉にならない感情を引き起こすと思う。しかし、この物語の顛末が次回で語られた事により、ココナ(と視聴者)はPIが現実に及ぼす影響とその是非を巡り、深く悩まされる事になった。‬

『フリップフラッパーズ』7話「ピュアコンポーネント
‪かつて"いろ"だった少女は、誇らしげにマニキュアを塗った爪を二人に見せる。そして、描いていた絵を棄てた。PIでの出来事が彼女を変えてしまったのか…。思い悩むココナは、訪れたPIでパピカとはぐれ、誰もいない街を彷徨う。そんな彼女を、様々な姿をしたパピカたちが誘惑していくが…。‬
‪その人の為人や才能、魅力は、通り一遍の価値基準では測ることが出来ない事を突き付けた一話。再びPIの深部へと落ちかけたココナ。その手をパピカが捕まえた瞬間、ココナは誰が迷子になっていたかに気付く。変わらないハズのパピカを想うココナ…。そしてパピカは、シロツメクサの花冠をココナに被せた。‬

『フリップフラッパーズ』8話「ピュアブレイカー」
‪プールに落ち、ぶーちゃんに激突した二人が飛ばされたPIは、機械仕掛けの大都市だった。二人は、カケラが生み出した怪物に苦戦を強いられ、都市を管理する科学者に助けられる。彼から、変形メカ"ヴェルメリオン"と"ブラウアズール"を託され、二人が魂の叫びを上げた時、ロボットが真の姿を現した!!‬
‪まさかのスク水×戦隊シリーズ巨大ロボ。細部まで描き込まれた変形合体シーン、よく聴くと本編にマッチした熱い挿入歌、ツンデレ全開のヤヤカ等、見所満載。しかし、Cパートのパピカの一言は、それらの余韻を全て吹き飛ばした。ちなみに、挿入歌の歌詞が、テレビ放送版とweb配信版で一部異なり、前者は「インピーダンスが高まっていく時」、後者は「インピーダンスが合わさっていく時」となっている。‬

『フリップフラッパーズ』9話「ピュアミュート」
‪パピカが自分に他の誰かの面影を重ねてる…。互いにギクシャクしたまま二人が飛ばされたPIは、何も無い世界だった。カケラの防衛トラップに囚われたココナが脱出を試みる一方、パピカと対峙するヤヤカ。彼女は、激昂してココナへの想いを叫び、パピカを下す。そして、自らの思い出を砕きながら、ついにはココナへとナイフを突き立てるが…。‬
‪ヤヤカの過去と覚悟が明かされた、観ていて辛い一話。ヤヤカの肉弾戦の描写は、蹴りの後によろめき、バランスを整える様に至るまで緻密に描かれ、重みと痛みを感じさせる。何も無い真っさらな世界は、ココナを捕らえて放そうとせず、鏡は二人の思い出を写していく。ここは、ヤヤカの心象なのだろうか…?‬

『フリップフラッパーズ』10話「ピュアジッター」
‪「ヤヤカが友だちで良かった」今までと変わらず声を掛けてくれるココナに対し、真実を打ち明けようとするヤヤカ。しかし、アスクレピオスの双子の介入はそれを許さない。基地からの脱出の最中、「自分だけ何も知らない…」と言って立ち止まるココナに対し、パピカはかつてのパートナー"ミミ"との思い出を語り始めるが…。‬
‪これまで謎に包まれていた、"ミミ"と呼ばれる少女の過去の一端が明かされる一話。回想の中でも今と全く変わらない姿のパピカに対し、幼い頃のソルトが登場した事で、これがかなり以前の出来事である事を窺い知る事が出来る。繰り返された日常こそが偽りであったという展開は、視聴者に大きな衝撃を与えた。‬

『フリップフラッパーズ』11話「ピュアストレージ」
‪ココナの姿を借り、暴走を続けるミミ。彼女は、アスクレピオスを壊滅させ、ソルトとパピカまでもを追い詰める。「私を止めて…」そうソルトに言い残し、PIへと姿を消したミミとココナ。PIに介入した事…パンドラの箱を開けた事…ミミが外へと飛び出した事…、‬全ての始まりは、ミミの胸に抱かれた幼子だった…。
アスクレピオスの目的、パピカとミミ、ソルトの関係性、そして、ココナの生い立ち…、あらゆる伏線が回収され、物語の中心は、PIを巡る冒険から、ココナの内面へと舞台を移す。新規劇伴がミミの愛情と狂気を彩り、非常に緊迫感のある演出がされていると思う。今回、パピカが初めて泣き崩れた様が心を抉る。‬

『フリップフラッパーズ』12話「ピュアハウリング
‪ミミに囚われたココナを助けるため、パピカとヤヤカは、ソルトに託されたアモルファスを手に、これまでに巡ったPIを駆けて行く。数々の防衛トラップに行く手を阻まれる中、二人は砂漠で対峙した化物に追い詰められる。その時、アモルファスが輝き出し、ヤヤカは、自分の最も大切な宝物の名前を叫ぶ。‬
‪それとなく本編中でも何度か示唆されていた描写が、満を持してついに描かれた。30秒のノーカット版を是非とも観てみたい。今回、個人的に印象に残ったのは、ミミに洗脳されたパピカの口から唾液が垂れるシーン。可愛いキャラクターには普通ならこんな事はしたくないハズだが、それでも描いた事に本気を感じた。‬

『フリップフラッパーズ』13話「ピュアオーディオ
‪「私と友だちになって!!」‬
そうして、幼い日のパピカとココナは、再び出会い手を繋ぎ、冒険が始まった。
「ココナ/パピカのことが大大大好きだから!!」
そうして、二人はこれからも手を繋いで、冒険は続いていく。

以上、13話。

今月の料理 2016年12月

鯖の味噌煮

f:id:cerberus_cs:20161211223554j:plain

ミルフィーユ鍋

f:id:cerberus_cs:20161211223717j:plainf:id:cerberus_cs:20161211223751j:plain

オニオングラタンスープ

f:id:cerberus_cs:20161211231017j:plain

クロワッサン

f:id:cerberus_cs:20161224232334j:plain

f:id:cerberus_cs:20161224232419j:plain

ビーフシチューハンバーグ

f:id:cerberus_cs:20161224232517j:plain

チョコレートロールケーキ(カスタードクリーム)

f:id:cerberus_cs:20161227201433j:plain