プレアデス手芸部員が何か書くよ

基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ(http://twitter.com/cs_ker)。中の人は『放課後のプレアデス』推しだが、これ関連の記事は稀。ちなみに、「プレアデス手芸部」とは、アニメ『放課後のプレアデス』をモチーフにして、編み物や刺繍等のハンドメイドでなんやかんや作ろうって活動です。twitterでの検索タグは、 #プレアデス手芸部 よりどうぞ。

今月の料理 2017年1月

おでん

f:id:cerberus_cs:20170115101328j:image

クロワッサン

f:id:cerberus_cs:20170115101406j:image

新巻鮭のアラ汁

f:id:cerberus_cs:20170115101433j:image

豆腐のハンバーグ

f:id:cerberus_cs:20170115101519j:image

シャーリーテンプル

f:id:cerberus_cs:20170117220442j:image

生姜焼き

f:id:cerberus_cs:20170117220453j:image

柚子の甘味噌漬け

f:id:cerberus_cs:20170119202746j:image

とりつくねと色々

f:id:cerberus_cs:20170124075903j:image

魔法使いの嫁』より、シルキーのサンドイッチ

f:id:cerberus_cs:20170125231414j:image

f:id:cerberus_cs:20170125231418j:image 

ササミと手羽元チューリップのフライ

f:id:cerberus_cs:20170129230209j:image

肉じゃが

f:id:cerberus_cs:20170130224241j:image

 

 

あみぐるみ置き場 その③

放課後のプレアデス』に登場する会長ことプレアデス星人に、主要キャラクターのコスプレをさせようという趣旨の企画。埋もれていたモノをサルベージ。

f:id:cerberus_cs:20170126082757j:image

すばる

f:id:cerberus_cs:20170126083034j:image

みなと

f:id:cerberus_cs:20170126082841j:image

あおい

f:id:cerberus_cs:20170126082848j:image

ひかる

f:id:cerberus_cs:20170126082900j:image

いつき

f:id:cerberus_cs:20170126082917j:image

ななこ&エルナト

f:id:cerberus_cs:20170126082950j:image

鹿乃さん

f:id:cerberus_cs:20170126083009j:image 

f:id:cerberus_cs:20171102130412j:image

f:id:cerberus_cs:20171102130418j:image

f:id:cerberus_cs:20171102130439j:image

 f:id:cerberus_cs:20171102130450j:image 

※ななこの帽子は触角(?)用の為に、一部を往復編みして穴を開けてください。

使用する毛糸

「ダルマ やわらかラム」シリーズより(番号記載)

会長(32、15)

すばる(4、6、15)

あおい(10、1、25、15)

ひかる(4、15)

いつき(1、38)

ななこ(29、4、35、4、15)

みなと(34、28、15)

 

『森の図書室』×『魔法使いの嫁』コラボ企画簡易レポ

f:id:cerberus_cs:20170116082054j:image

渋谷のブックカフェ"森の図書室"で開催されている『魔法使いの嫁』のコラボ企画に行って来ました。自分が来室した時は、先客は数名だけでしたが、30分もするとお客さんでいっぱいに。コラボとは関係なく、常連の方も多くいらしていたようでした。入り口から面白いお店で、コレは実際に行って確かめてみて下さい。入り口を潜ると、そこは都会の中の隠れ家という趣です。壁一面の本棚には、ざっと見た感じでは、ジャンル関係なく整然と雑多に本が並べられています。カウンターの下にも本棚はあり、そこにも本がズラリと。読みたい特定の一冊を探したい、という人には不向きです。検索端末のある書店か、ネットで注文しましょう。では、ここの図書室をどう楽しむのが良いだろうかと考えてみたのですが、腰を据えて何かをじっくり読む、という感じではないのかもしれません。目に止まった本を料理を食べながらアレコレと"つまみ食い"してみて、気に入った本をココで借りたり、自分みたいに他所で買ったりするのが良いんじゃないかなと思います。

f:id:cerberus_cs:20170116082109j:image

ここからは『魔法使いの嫁』とのコラボについて。展示は原作コミック既刊6冊とデフォルメキャラのパネルスタンド、キービジュアル(かな?)の原画2枚、参考図書10冊です。勿論、全て手に取って読む事が出来ます。※例えば、『妖精辞典』にはシルキーの記述も。

f:id:cerberus_cs:20170116082115j:image

f:id:cerberus_cs:20170116082121j:image
こちらはコラボメニューのシルキーのサンドイッチと、飲み物はシャーリーテンプルをチョイス。ジンジャーエールにザクロのシロップとレモンを加えたノンアルコールのカクテルだそうです。サンドイッチはボリュームたっぷり、というか分厚い!!自分は少しずつ切り分けて食べました。そして、食後に頂いた『魔女の宅急便』のチョコレートケーキ。温かいを通り越して、焼き立てみたいに熱いケーキでびっくりでした。写真のメニューはほんの一部で、様々な本に登場する料理をイメージしたモノだそうです。

f:id:cerberus_cs:20170116082132j:image

f:id:cerberus_cs:20170116082135j:image

さて、今回の企画にあたっての個人的な見解ですが、サンドイッチ食べてコースター貰って帰るだけじゃ勿体無いお店です。せめて、参考図書くらいは一通り"つまみ食い"していかないと。ね?

 

イベントやお店の詳細は下記リンクよりどうぞ。

http://magus-bride.jp/amharclann/special/event/

 

※追記

参考図書の中では、個人的には『不思議な薬草箱』という本が面白かったです。先日から複数記事を上げている『フリップフラッパーズ』の事もあり、ちょうどグリム童話に触れてみたくなっていたところでした。色々なお話やその時代背景等がまとめられていて興味深かったです。

『星の王子さま』から読み解く『放課後のプレアデス』

以前、Twitterに記載した考察から発展させ、加筆修正してまとめたもの。‬

‪※『放課後のプレアデス』及び『星の王子さま』のストーリーに関するネタバレを含みます。‬かなり荒削りな内容ですが、それでもよろしければ。

 

‪さて、デザインワークスで言及されている通り、『放課後のプレアデス』10話のみなととエルナトの容姿は、それぞれ、サン=テグジュペリの『星の王子さま』に登場する、王子さまと飛行士がモチーフになっています。『星の王子さま』に登場する王子さまは、故郷の星に咲いた薔薇の花を上手に愛する事が出来ず、様々な星を巡り、最後には地球で砂漠に不時着した飛行士と出会うのですが、『放課後のプレアデス』においては、宇宙を旅していたのは飛行士であるエルナトの方でした。これは、どういう事なのでしょうか?‬
‪『星の王子さま』において、王子さまが宇宙を旅していたのは、友だちを探す為でした。王子さまは飛行士と出会う前、一匹のキツネと出会い、互いに絆を結び友だちになるのですが、このくだりこそが、みなととエルナトの出会いに反映されているのではないでしょうか?つまり、デザインのモチーフと劇中の役割は一致していない、というのが自分の考えです。また、エルナトのイメージカラーや、最初にみなとと対面した時の様子等に、どことなくキツネっぽさを感じたというのも理由の一つです。‬
‪みなとは自らの運命を変える為、エンジンのカケラに全てをやり直す事を願います。これは、『星の王子さま』において、王子さまが蛇に契約を持ち掛けるシーンを彷彿とさせますが、みなとの願いは叶えられませんでした。これは、『放課後のプレアデス』においては、カケラによって宇宙に帰るのは、飛行士の姿を取ったエルナトの役割だからだと思われます。そして、エルナトはみなとに寄り添い続ける存在ではありませんでした。では、飛行士の役割を担ったのは誰なのでしょうか?‬
‪『放課後のプレアデス』における、王子さまにとっての飛行士、その役割を担ったのは"すばる"なのではないかと思います。みなとはすばると一緒に星を見る約束を交わし、彼女と絆を結びます。彼女は自由に空を飛び回る存在でありながら、王子さまが旅する宇宙の話に耳を傾けます。でも、王子さまが宇宙へ還る後押しはせずに、むしろ、自分のいる世界に引き留めました。だから、残酷なんだと思います。‬

『フリップフラッパーズ』より、ユクスキュルあみぐるみ

f:id:cerberus_cs:20170109232201j:image

アニメ『フリップフラッパーズ』より、ココナの大切な宝物"ユクスキュル"をあみぐるんでみました。色合いに関しては検討の余地がありますが、編み図はこのコの形になるまでに5羽試作してみた結果、これで良いのではないかと考えています。

中細糸、かぎ針5号を使用

f:id:cerberus_cs:20170109232908j:image

10段目までは普通に編んでますが、11〜18段目までは、半分増減無し、もう半分は増し目で編んでます。1段に3目ずつ、片側だけ膨らんでいく形です。また、13段目以降は途中で色替えしています。後から別パーツを縫い付ける方法でも試作しましたが、色替えした方が楽で綺麗に仕上がります。

f:id:cerberus_cs:20170109233414j:image

10段目まで

f:id:cerberus_cs:20170109233443j:image

半分増減無し、もう半分増し目

f:id:cerberus_cs:20170109233520j:image

色替え、写真は18段目

f:id:cerberus_cs:20170109233606j:image

20段目以降は全て黄緑色の毛糸

f:id:cerberus_cs:20170109233907j:image

おしりを平たくする為、8目編みで減らし目してます

 

以下ギャラリー

f:id:cerberus_cs:20170109234036j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234052j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234155j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234139j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234207j:image

f:id:cerberus_cs:20170109234217j:image

 

考察『フリップフラッパーズ』最終話 "ヤヤカと一緒に二人を見送りたかった"

‪『フリップフラッパーズ』最終話、素晴らしいアニメーションでした。キャラクターの動きだけでなく、背景美術も次々と変わっていき、12話のヤヤカ変身シーンに引き続き、まさかのミミ変身シーンというラスボス演出。夢から覚めて終わるというのも、自分の予想と合致していました。でも、どこか腑に落ちない感覚がありました。‬

‪これに関して、こちらのブログの感想では、「最終話を区切りに、二人は僕らを置いて旅立っていく。」と綴られています。‬
http://wasasula.hatenablog.com/entry/2016/12/30/165910

‪確かにその通りだと思いました。でも、自分はそれだけでは納得出来ませんでした。二人の冒険が続いていく、ココナとパピカにとってこれ以上ないラストです。しかし、自分が予想していた以上に、自分は二人に置いていかれた感覚を覚えました。これはなぜなのか。‬

‪自分は最初、最終話のエンディングにおいて、ココナとパピカが、ヤヤカと一緒に通学しているシーンでも描かれれば、それで納得出来たんじゃないかと考えました。ヤヤカが願った、"ココナともう一度友達になる"という思いが果たされておらず、その心残りは大きいと思ったからです。しかしそれでは、ココナが自分の殻を破って自分の道を進んでいく、というテーマと合致しない、元の日常への帰還となってしまいます。やはり、ラストはああやって飛び立って行く他ないハズです。‬

‪したがって、置いていかれたと感じた感覚の原因は、ラストシーンが誰の視点で描かれているかにあると思います。この物語は基本的に、何も知らなかったココナの視点で描かれていました。ラストシーンにおいても、飛び立った二人が画面の中心にはいます。ところが、二人を見上げる物語の視点は、フリップフラップの面々であり、ミミであり、アモルファスの子供たちであり、そして、ヤヤカのモノでした。この点に関して、自分は、想像以上に二人に突き放されてしまったと感じたのではないかと思います。‬

つまり自分は、メタ的に言って、ヤヤカがココナとパピカをはっきりと送り出すシーンが無いのは、視聴者がココナとパピカにお別れする機会が無いのと同義だ、そう感じてしまったんです。

自分は、ラストシーンにおいて、ヤヤカに「行ってこいよ」って言って欲しかったんです。それに寄り添いたかったんです。突き放されるのでもなく、置いていかれるのでもなく、ヤヤカと一緒に二人を見送りたかったんです。

「さつまいもアイス」レシピ

f:id:cerberus_cs:20161230174639j:plain

自分は、秋冬限定の"おいももなか"が大好物で、そういうアイスが食べたいなと思って作ってみました。

 

f:id:cerberus_cs:20161230174723j:plain

・メイン

さつまいも250g

卵黄2個分

ラニュー糖60g

牛乳100ml

生クリーム200ml

バニラエッセンス

ラム酒(あれば)

 

メレンゲ

卵白2個分

ラニュー糖20g

 

・いもあん

さつまいも250g

ラニュー糖60g

 

1.さつまいもを薄く切って水にさらす

f:id:cerberus_cs:20161230175126j:plain

2.15分ほど蒸して潰す

f:id:cerberus_cs:20161230175437p:plain f:id:cerberus_cs:20161230175529p:plain f:id:cerberus_cs:20161230175648j:plain

3.アイスに混ぜる分と、いもあん用とに分ける

f:id:cerberus_cs:20161230175607j:plain

4.卵黄とグラニュー糖を白っぽくなるまで混ぜる

f:id:cerberus_cs:20161230175737j:plain f:id:cerberus_cs:20161230175820j:plain

5.牛乳と生クリームを人肌程度まで温める

f:id:cerberus_cs:20161230175942j:plain

6.5を4に混ぜ、とろみが付くまで温める

f:id:cerberus_cs:20161230180032j:plain

f:id:cerberus_cs:20161230185055j:plain

7.6をボウルに戻し、3のアイス分を加えて混ぜる

f:id:cerberus_cs:20161230180241j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180325j:plain

8.3のいもあん分をグラニュー糖と併せて火に掛け、練り上げる

f:id:cerberus_cs:20161230180415j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180455j:plain

9.卵白にグラニュー糖を加え、7分立たてのメレンゲにする

f:id:cerberus_cs:20161230180533j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180601j:plain

10.7に9を半分ずつ、バニラエッセンスとラム酒を加えて混ぜる

f:id:cerberus_cs:20161230180628j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180658j:plain

11.時々混ぜながら、4時間ほど冷凍する

f:id:cerberus_cs:20161230180743j:plain f:id:cerberus_cs:20161230180814j:plain

12.冷やしたいもあんと併せて盛り合わせる

f:id:cerberus_cs:20161230180851j:plain

 

f:id:cerberus_cs:20161231061757j:image