読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレアデス手芸部員が何か書くよ

基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ(http://twitter.com/cs_ker)。中の人は『放課後のプレアデス』推しだが、これ関連の記事は稀。ちなみに、「プレアデス手芸部」とは、アニメ『放課後のプレアデス』をモチーフにして、編み物や刺繍等のハンドメイドでなんやかんや作ろうって活動です。twitterでの検索タグは、 #プレアデス手芸部 よりどうぞ。

百合アニメ・漫画を語る

twitter上に投稿したレビューを加筆修正したモノ

『魚の見る夢』
幼い頃に母と死別し、画家である父と別居して暮らす姉妹"巴"と"御影"。ある事件を切っ掛けに、御影を父に近付けさせたくない巴、そんな巴を独占する為、我が儘に振る舞う御影。そして、御影の告白を契機に、家族の境界が曖昧になっていく…。
漫画は、現在『ひとりぼっちの地球侵略』を連載中の小川麻衣子。掲載誌の廃刊に見舞われながらも書き下ろしにより完結。複雑に絡み合った実姉妹の関係だけでなく、彼女達の友人もこれに加わり、それぞれの感情と思惑が交錯していく。タッチは柔らかいが中身にはエグさもある作品。

紅殻のパンドラ
幼少期の病気と事故により、電脳化・全身義体化を余儀無くされた少女"七転福音"は、叔母の元への引っ越しの最中に出会った、ガイノイドの少女"クラリオン"に一目惚れ。福音は、夢である世界平和を手に入れる為、日々クラリオンと共に人助けに奔走する。
原案:士郎正宗、漫画:六道神士。『攻殻機動隊』の外伝(前日談?)に当たる作品であり、元々はアニメの企画であった。同作でも共通の用語、組織名、技術が多く登場するが、別に分からなくても問題はない。なおジャンルを百合としたが、客観的には"ガイノイド萌え"だろうと思う。しかし、福音にとってはどうだろうか?

ひまわりさん
高校に進学したものの、入学早々落第を危ぶまれる"まつり"は、周囲を見返す為、そして、憧れの女性"ひまわりさん"の元で働く為、彼女が主人を勤め古書店"ひまわり書房"に押し掛ける。そうして、彼女の内面、本の世界に触れていく。
漫画:菅野マナミ。ジャンルは一応"日常系"らしいが、狭義には"お仕事系"に分類されるように思う。本好きの黒髪ロングでメガネさんというと、RODの読子が思い出されるが、ひまわりさんの服装は結構コロコロ変わり、オシャレな女性である。なお、彼女がかけているメガネは、物語の根幹に関わるアクセサリー。

『劇場版selector destructed WIXOSS
母を亡くし親戚に引き取られた"留未"は、"幸"という少女に迎え入れられ懐かれるが、彼女の異質さを受け入れられなかった継母によって虐待され、施設に預けられてしまう。やがて、2人はセレクターバトルに身を投じ、その果てに再会を果たすが…。
タカラトミーTCGWIXOSS』を題材として制作された、『selector』シリーズの劇場版。TVシリーズの再編集の他、あるキャラクターに多数の追加エピソードが設けられた。"彼女達"の結末が幸福であるかについては、おそらく意見が別れるだろうと思う。

ヤマノススメ
高校進学を機に再会した幼馴染の"あおい"と"ひなた"は、幼い頃に交わした「山に登ってもう一度朝陽を一緒に見る」という約束を果たす為、一緒に登山に挑戦するようになる。登山をきっかけに徐々に二人の人間関係の輪が広がっていく。
漫画:しろ。アニメ化もされ、当初はショートアニメとしてのスタートながら、雄大な自然を描く背景美術はかなり見応えがある。現在、第2シーズンまで放送された。コミックスでは、各地の山や登山用品、調理器具、登山の途中で作れる軽食の紹介等、登山を趣味とする作者コラムがかなり充実しているのが特徴。

『あの娘にキスと白百合を』
容姿端麗、成績優秀、"白峰あやか"は絵に描いたようなお嬢様…。猛烈な努力によって、中学時代にトップの成績を維持してきた彼女だが、天才"黒沢ゆりね"が転入してきた事で状況が一変。そんな彼女に宣戦布告した事で、逆にベタ惚れされてしまい…。
漫画:缶乃。基本的には上記あらすじの2人がストーリーの主軸だが、ルームメイトや部活の先輩等、様々な人間模様を描いた群像劇となっている。また、メインのキャラクターだけでなく、本筋に絡まないようなサブキャラについても、ショートストーリーの中で紹介されている。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
五度目の聖杯戦争が回避された世界。争いに巻き込まれる事なく、平和な日々を送る"イリヤ"の基に魔法のステッキが現れる。彼女(?)は戸惑うイリヤと強引に契約し、魔法のカード集めを依頼するが、彼女の前にもう一本のステッキを持つ"美遊"が現れる。
原作:TYPE-MOON、漫画:ひろやまひろし。現在2weiまでがアニメ化されている。初期こそ、CCさくらライクなストーリー展開だったが、徐々に本編のようなシリアスな世界観が展開され、現在ではダークファンタジーと呼べる少年漫画となっている。また、アニメ化に際し、魔力供給シーンが大いに盛られて話題になった。

『ゆりゆり』
ヤキモチ焼きの同級生、不良娘と委員長、先輩後輩、王子様系女子、お姉ちゃんへのコンプレックス…。"大事な友達だと思ってた"、"もうすぐ離れ離れに"、"かっこいい私でいなくちゃ"、それぞれ悩みを抱える女の子たちの告白の行方は…?
漫画:なもり。『ゆるゆり』で知られる作者の同人サークル作品が商業コミックとしてまとめられた。短編5話とそのafter(5話のafterは残念ながら未収録、というよりまだ発表されていない?)から成るオムニバス作品。上記ではシリアスっぽく書いたが、内容は決してそんな事はなく、かなり優しい作風だと思う。

ユリ熊嵐
"百合城銀子"には世の中の人間全てが熊に見えていた。そうして、他人との関わりを避けていた彼女だったが、編入先の嵐が丘学園で出会った透明な少女"椿輝紅羽"だけは本物の女の子だった。やがて、銀子の幼馴染を名乗る"百合ヶ咲るる"を交え、3人は一緒に暮らし始めるが…。
原案:イクニゴマキナコ、漫画:森島明子。同名アニメ『ユリ熊嵐』のコミック版だが、キャラクターデザインと名前を除き、その設定やストーリーは大きく異なる。また、扱われているテーマやことばのニュアンスにも違いが見られる為、別作品として物語の意味を理解する必要がある。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』
魔法少女として毎夜"ナイトメア"と戦う日々を送る"まどか"達、そんな彼女達の基に新たな魔法少女"ほむら"が転校してくる。順風満帆の日々を過ごす彼女達だが、やがて真実が明かされ、世界が崩壊していく…。
原案:Magica Quartet、総監督:新房昭之。本作はTVシリーズではなく、劇場版前後編の続編として制作され、その衝撃的な結末とほむらがまどかに対して向けた感情が、様々な議論を呼んだ。シナリオや演出の原型は、ベルリオーズの『幻想交響曲』だという説があり、多くの場面が詩の内容と一致する。…が、物語はそこで閉じる事は無かった。

以上10作品。
「百合って何?」「咲くと信じて大事に世話すること」