プレアデス手芸部員が何か書くよ

基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ(http://twitter.com/cs_ker)。中の人は『放課後のプレアデス』推しだが、これ関連の記事は稀。ちなみに、「プレアデス手芸部」とは、アニメ『放課後のプレアデス』をモチーフにして、編み物や刺繍等のハンドメイドでなんやかんや作ろうって活動です。twitterでの検索タグは、 #プレアデス手芸部 よりどうぞ。

ヒーローアニメ・漫画を語る

twitter上にアップしたレビューを加筆修正して投稿。

ストレンヂア 無皇刃譚』
統治者を失った戦乱の世。かつての後悔から刀を封じた流浪の剣士"名無し"は、中国から逃れて来た"仔太郎"という少年と出会い、彼の用心棒となる。彼を執拗に追う武闘集団との闘いを通じ、名無しは自らの過去と向き合う。
制作:ボンズ、監督:安藤真裕。歴戦のアニメーターである氏にとって、初の劇場監督作品。長瀬智也主演で話題に…なったかは分からないが、演技そのものは役に非常にマッチしている。シナリオは王道時代劇と言って遜色無いと思われるが、見所は全編通して描き込まれたアクション。

るろうに剣心 追憶編』
幕末の動乱、親をコレラで亡くした少年"心太"は、野党に襲われた所を飛天御剣流継承者"比古清十郎"に救われ彼の弟子となるが…。数年後の京の都、そこには"人斬り抜刀斎"と呼ばれる暗殺者に変わり果てた少年の姿があった。
原作:和月伸宏、制作:スタジオディーン、監督:古橋一浩。原作の過去編を、独立したOVAとしてアニメ化したもの。TVシリーズとはキャラデザや作画、演出が一線を画し、日本のセルアニメ史上、最高レベルのクオリティを誇る。人斬り時代を描く為、残虐な描写は多々ある。

フリクリ
小学6年生の"ナオ太"は、兄の元カノ"マミ美"に日々誘惑されながら、時にクールに時に生意気に過ごす平凡な少年。しかし、ベスパ乗りの自称宇宙人"ハル子"に額をギターで殴られ、謎のロボットを召喚。地球を揺るがす騒動に巻き込まれる。
制作:ガイナックス、監督:鶴巻和哉。全6話から構成されるOVA作品。SF、アクション、ヒーローアニメのシナリオを持った、ロックバンド『the pillows』の超高品質ミュージックアニメPVと言えば、おそらく、内容の半分くらいは説明出来るのではないだろうか。

ウルトラマンUSA
米国空軍の人気アクロバットチーム"フライング・エンジェルス"は、航空ショーの最中事故に遭うが、それは、ソーキン・モンスターを追って地球にやってきた3人のウルトラ戦士だった。彼らは一心同体となり、地球に襲来するモンスターの脅威と闘う。
制作:ハンナ・バーベラ・プロダクション円谷プロダクション、監督:日下部光雄。日米共同で制作されたウルトラマンのアニメ作品。密かに、シリーズの大ファンである庵野秀明作監補佐として参加している。闘う女性戦士が登場した作品。臆病な怪獣を宇宙に逃がしたエピソードが印象的。

アイアン・ジャイアント
第二次世界大戦後の冷戦時代の米国。メイン州で暮らす少年"ホーガース"は、嵐の後に謎の巨大ロボット"アイアン・ジャイアント"を助け、彼と友情を育む。しかし、捜査官"マンズリー"は、彼をソ連の兵器と考え執拗に追回し…。
配給:ワーナー・ブラザーズ、監督:ブラッド・バード。アニメのアカデミー賞であるアニー賞において賞を総なめにし、非常に高い評価を得た。人物及び背景は手描き、アイアンはCGによって描かれたが、手描きタッチの処理が施され、とても暖かみのある作画となっている。

『ピンポン』
片瀬高校卓球部に所属する幼馴染みのコンビ、"ペコ"と"スマイル"は、雇われ中国人留学生の噂を聞き付け勝負を挑むも、ペコはこれに惨敗。後のインターハイでの挫折から、卓球を辞めるペコだったが、スマイルはヒーローの復活を信じていた。
漫画:松本大洋。実写映画化され、俳優陣の熱演や試合描写で高い評価を得た他、後年、ノイタミナでアニメ化。こちらも原作のタッチを一切崩す事無く、凄まじい作画で迫力ある試合が描かれた。非常に癖のある画に独特の台詞回しはやや取っつきにくいが、それが一番の魅力でもある。

勇者特急マイトガイン 第16話』
街の平和を守るため、日々、悪の組織と戦う"旋風寺舞人"と勇者特急隊の"ガイン"たち。戦いの最中、科学者"ホイ・コウ・ロウ"にガインのデータを盗まれ、コピーである"ブラックガイン"が生み出されてしまうが…。
制作:サンライズ、監督:高松信司勇者シリーズ第4弾となった本作の中でも、第16話『ブラックガイン』は屈指の人気を誇る。敵対する悪の組織に勇者ロボットがコピーされるも、その正義のAIまでコピーしてしまうというギャグ寄りの導入ながら、結末は非常に悲劇的。

鴉-KARAS-
妖怪への畏れを人間が忘れた時代、一部の妖怪達は自らを機械化する事で弱体化を免れ、人間への反旗を企てていた。彼らを纏める"廻向"は、街の守護者である鴉を葬り計画を進めるが、青年"乙羽"が新たな鴉として選ばれ、戦いに赴く。
制作:タツノコプロ、監督:さとうけいいち。スタジオの40周年記念作品として制作された全6話のOVAタツノコマインド全開のダークヒーローモノであり、戦闘シーンはとにかくカッコいいと形容する他無い。一部、残虐な描写も含まれ、乙羽の過去は禁忌と呼ばれるものである。後述する2作品の原型とも言える作品。

TIGER & BUNNY』
NEXTという特殊能力を持ったヒーロー達が、企業をスポンサーに犯罪を取り締まる世界。その様子はTV中継され人気を博していた。落ち目のベテラン"虎徹"は新人"バーナビー"とコンビを組まされ、互いに反発し合いながら共闘していく。
制作:サンライズ、監督:さとうけいいち。同監督作品『鴉-KARAS-』の作風が受け継がれた作品の一つ。製作委員会方式ではなく、劇中設定の通り、スポンサーを募って制作された。それらの企業ロゴは実際にヒーロー達が背負い、また数々のタイアップも実施され人気を博した。

ガッチャマンクラウズ
ガッチャマンが都市伝説として噂される中、新たに選ばれた"はじめ"は破天荒な方法で敵対していた宇宙人とアッサリ和解。一方、AI"総裁X"によって管理されるSNS"ギャラックス"により、ヒーローに頼らない世界を目指す"累"。しかし、その裏では"ベルクカッツェ"が暗躍していた…。
制作:タツノコプロ、監督:中村健治。同演出作品『鴉-KARAS-』の作風が受け継がれた作品の一つ。『TIGER & BUNNY』の姉妹作に当たるとも言える。破天荒なキャラクターを初めとした異色の作風ながら、「ヒーローって何すかね?」という主人公の問い掛けに対し、真正面からそのテーマに向き合った。

以上、10作品。