プレアデス手芸部員が何か書くよ

基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ(http://twitter.com/cs_ker)。中の人は『放課後のプレアデス』推しだが、これ関連の記事は稀。ちなみに、「プレアデス手芸部」とは、アニメ『放課後のプレアデス』をモチーフにして、編み物や刺繍等のハンドメイドでなんやかんや作ろうって活動です。twitterでの検索タグは、 #プレアデス手芸部 よりどうぞ。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』ネタバレ解説と考察、元ネタ集

あらすじ(映画の要約)

海外から難民として逃れてきた"ミラ(仮称)"は、テロリストの襲撃により肉体を失い、脳と僅かな脊髄を義体へと移植したサイボーグとして生まれ変わる。生身の肉体を遥かに上回る運動能力、電子戦の素質を与えられた彼女は、捜査官として訓練された後に、政府直轄の対テロ部隊公安9課、通称"攻殻機動隊"へと配属され、少佐と呼ばれる存在となる。
少佐は、自身の義体を制作、メンテナンスを行っている"ハンカ・ロボティックス社"の技術者を狙った連続テロ事件に遭遇。"クゼ"を名乗る人物が現場に犯行声明を残していた事から、9課は彼を追跡し、ついに少佐が彼と対峙する。
しかし、クゼが犯行動機を少佐に明かした事で状況が一変。実は、ハンカ・ロボティックス社の義体化技術とは、過去に多数の非合法な人体実験を繰り返して完成したモノであり、クゼもその被害者の一人であった。少佐も例外ではなく、テロリストの襲撃により身体を失ったというのは、電脳に書き込まれた偽りの記憶であった。実際には、家出等により社会から距離を置いていた多数の若者が誘拐され、人体実験に利用されており、少佐もその一人であると同時に、唯一の成功例であった。事件の真の黒幕がクゼではなく、ハンカ・ロボティックス社であると知った9課は反旗を翻し、これを排除すべく行動を起こす。そして、捜査の終結の後に、真実を知った少佐は過去の記憶を取り戻して母親と再会、しかし、完成された義体の持ち主として9課の捜査員として生きていく事を決意し、物語は幕を閉じる。


内容解説(過去作との比較)

行間は端折ってますが、ざっとこんな感じのシナリオでした。巷では、ロボコップとかブレードランナーとか言われてますが、そうではないような気がします。
では、どういう映画だったのかと言えば、『GHOST IN THE SHELL』(以下『GITS』)の雰囲気やエピソード、少佐の性格がビジュアル面のベース、『イノセンス』(正確には原作6話)のゴーストダビングの為の誘拐事件、及び、『攻殻機動隊SAC 2nd GIG』の少佐とクゼとの関係性がシナリオ面でのベースとなっており、そこに、ハリウッド的な家族のお話を付け加えて出来上がったモノが、今回の実写版『攻殻機動隊』だったのではないかなと思います。
シナリオ面では実にシンプルな物語であり、これと言って補足する事は無いです。予告では、少佐について、「世界最強の捜査官」「世界を救え」とか言ってますが、いつものアレです。そんな話ではないです。誘拐されて義体化、記憶を消された一人の女性が家族と再会し、でも、義体も私の個性だから、これからも捜査官として頑張るわ!!って言って終わる、少佐という一個人のとても狭い世界を扱った映画です。


元ネタ集(思い出せる範囲で紹介)

・映画冒頭の脳移植
→『GITS』オープニングより、元ネタではメンテナンスシーン

・芸者ロボを利用したテロ
→『GITS』冒頭の突入、『SAC』1話のテロ、及び、芸者ロボのビジュアルは『イノセンス』に登場するガイノイド"ハダリ"の要素も加えられている。なお、ロボットなので流す体液は白色。

・ハンカ・ロボティックス社の研究員
→シリーズお馴染みの赤服、ただし、今回は9課のスタッフではない。

・課長室
→ビジュアルは『イノセンス』のそれ。今作のオペ子なのか、課長のお世話(?)をする女性が2人いる。別に際どい格好をしてるわけではないが、殿田大佐っぽい。

・哀れなゴミ収集作業員
→原作および『GITS』に登場、原作では外務省に電脳ハックを仕掛けていたが、今回は電脳をハックされ記憶を改竄されるだけでなく、テロリストに仕立て上げられ少佐にボコられてしまった。しかも、その末路が最も悲惨。

・ダーリン博士
→ビジュアル面や芸者ロボを検査する役所としては、『イノセンス』に登場するミス・ハラウェイ。指を分割させてキーを打つ描写は、オペ子も同じ事を行なっているが、『GITS』のウィリス博士の方が印象に残っているかもしれない。

・手榴弾とトグサ
原作および『イノセンス』より。今作ではトグサの家族構成について言及がないためか、至近距離で手榴弾が爆発しても、娘の事で頭がいっぱいになったりはしない。

・ガブリエル
イノセンス』および『スカイクロラ』に登場したバセットハウンド、というより、押井守。今回も監督がカメオ出演し、やはりバトーさんに懐いている。バトーさん、同じ店でお肉の骨をもらってたら、生活パターン把握されて、そのうち襲撃されるんじゃないか?と、不安になったのは自分だけではないハズ。

・荒事にはしたくない
可能な限り避けたが、やはり銃撃戦になった。『イノセンス』でのヤクザ事務所襲撃が元ネタかは微妙なところ。

・海に潜るサイボーグ
『GITS』より。ただし、今作での少佐はスウェットスーツのみを着用して潜っており、フローターが停止すれば海の底に沈むと言及されたアニメ版と、設定に相違がある。では、誤りなのかと言われると実はそうでもなく、原作2巻では素子の同位体義体で水中を泳ぐシーンがある。

・多脚戦車
原作および『GITS』に登場。前者では公安1課、後者では6課が使用。今作ではハンカ・ロボティックス社が使用したが、過去作とは異なりリモートコントロールだった。

・メスゴリラ
シリーズ伝統のハッチこじ開け。今作では『GITS』同様に多脚戦車相手に行われた。再現度はなかなかのモノだが、損傷具合は『GITS』に劣る。なお、残念な事に、装備課が開発したランチャーは未登場。(原作ではボーマ、『GITS』ではバトーさんが使用)

・多脚戦車のマニピュレータ
『GITS』では少佐の頭を締め上げたが、今作ではクゼがターゲットに。

・ヘリからの狙撃
『GITS』では人形使いが破壊され、少佐の首が飛んだ。『SAC』では少佐のリモート義体が破壊されている。今作では最初に狙撃されたのはクゼ。

攻殻ダイブ
今回は『GITS』冒頭が元ネタ。