六連星手芸部員が何か書くよ

お基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ。アニメや漫画の感想、考察、レヴュー、再現料理など。

お婆ちゃんの心臓が保つか心配!?『メタモルフォーゼの縁側』が面白い!!

「75歳の老婦人が出会ったもの、それは少年たちの恋模様」

メタモルフォーゼの縁側 - Webで漫画が無料で読める!コミックNewtype紹介文より


さて、私はそこそこ百合作品には触れますが、BLは完全に門外漢です(『PSYCHO-PASS』と『正解するカド』くらいしかわかりません。広義の上ではBLで良いよね?)。ジュンク堂はどうしてBLのクーポンばかり寄越して来るのか…、百合コミのクーポン贈ってよ…。

しかし、この漫画はそういった嗜好とは関係無く、とても優しく穏やかな絵柄で、誰でも読めて楽しめる内容になっています(※劇中劇の漫画にそういった描写はあります)。上記リンクから3話まで試し読み可能ですので、とりあえず読んでみて下さい。

 


<異色の主人公>

主人公は、漫画作品としては異色の75歳のお婆ちゃん。夫の三回忌を迎え、自宅で書道教室を開いています。月二回の通院はありますが、かぼちゃを丸々一つ抱えて歩いて帰ったり、クロスワードパズルが解けるくらいにはしっかりした方です。そんなお婆ちゃんがふとしたキッカケで訪れた町の書店。お婆ちゃんの新たな老後がここから始まります。


<老後に出会った未知の世界>

さて、お婆ちゃんが訪れた書店では、つい先日まで料理本のコーナーだったその場所は漫画コーナーに変わっていました。若い頃には『ベルサイユのばら』や『エースをねらえ!』を読んでいたというお婆ちゃんが表紙に惹かれてレジへと運んだその作品は…なんとBL本。店員さんが目を丸くして驚いた衝撃の展開です。そして、この出会いがお婆ちゃんのBL沼への第一歩となりました。


<BL本を通して芽生えた年の差60歳の友情>

前述では主人公は75歳のお婆ちゃんと書きましたが、本作にはもう一人主人公がいます。それは、お婆ちゃんの初BL本購入に目を丸くした書店の店員さん。高校に通う傍らアルバイトで書店に勤める彼女は、自身のBL趣味を語り合える友人がおらず、また、オシャレに気を使うクラスメートに眩しさを感じていました。初BL本の続きが気になって仕方ないお婆ちゃんは、新刊の注文を彼女にお願いするのですが、それをキッカケに二人はBLを語り合うお友達に。喫茶店でケーキに舌鼓を打ちつつ、お婆ちゃんと孫にしか見えない二人がBLを語り合う。…凄まじい光景です。本作は、そんな二人の視点を中心に物語が展開されていきます。そして、そんな彼女が凄く綺麗に描かれた一コマ(と、個人的にはそう思う)があるのですが、その瞬間が切ねぇ…!!


<色んな意味で物語の行く末を見届ける事が出来るのか!?>

これが物語の主題であるかはわかりませんが、お婆ちゃんをBL沼に引きずり込んだその作品の刊行間隔は約一年。長いけど、隔月連載とかだとそんなもんだよなぁ…と思う一方で、お婆ちゃんの年齢は75歳。これらは劇中で明確に言及されている事なのですが、内容が異色過ぎて先の展開が全く予想出来ません。果たして、少年たちの逢瀬に頰を赤らめるお婆ちゃんの心臓は保つのか!?過酷な同人即売会から生還する事は出来るのか!?要注目です。