六連星手芸部員が何か書くよ

お基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ。アニメや漫画の感想、考察、レビュー、再現料理など。

『プリンセス・プリンシパル 』劇場版の制作体制について公式の説明が欲しい、という話

以前に書いた一部クラスタを批判した記事

『プリンセス・プリンシパル』一部界隈の暴力表現含む二次創作や考え方に対しての苦言 - 六連星手芸部員が何か書くよ

でこんな状態が続くようではファンはどんどん離れていくという旨のことを言いましたが、まさか劇場版の情報公開という蓋を開けてみたら、以前から告知されていた主演の今村さんだけでなく、脚本の大河内さんやキャラデザの秋谷さん主要スタッフに加えてスタジオ3Hzそのものが降板していたという事態は流石に予想出来ませんでした。(秋谷さんはキャラデザにクレジットされてますが、劇場版には関わっていない旨のツイートをされてますので名義だけです)

主演、シナリオ・シリーズ構成、キャラデザ・総作監、制作スタジオが降板って、個人的にそれはもう続編ではなく名前を借りただけの別作品としか思えないです。ようするにお芝居もお話も別モノでしょう?現段階では1章の告知に過ぎないので「テレビシリーズと同様にアクタスと3Hzが交互に制作するんじゃないか」という声もありますが、この記事を書いている段階では3Hzの公式アカウントは1章の告知ツイートに触りもしてないですし、おそらくは2章以降も関わらないでしょう。『BLACK FOX』との兼ね合いで制作に携わる事が出来なかったのであれば、製作委員会はそう言えば良いですし、それこそ前述したように交互に制作しますでも良いわけです。しかし、実際にはこの製作体制となった理由は何も説明されていません。また、5chには発表の10日ほど前に現製作体制のリークがあったようですが、そういう事があると製作委員会の中で何かトラブルでもあったんじゃないかと疑うなというのが無理な話です。

説明といえば、今村さん引退の経緯だって結局はよくわかないままです。いえ、病気で引退されるというのはどうあっても結果としては仕方のない面もありますが、問題はそうではなく、関係者は体調不良の事を把握しながらお渡し会や海外のイベント、ライブの企画をしていたのかという話です。本人の病気でしたで済む話なわけないでしょう?何の為の組織なんだって話ですよ。

その辺りの詳細はまた別記事に当時まとめてあります。

声優さんの引退について思う事 - 六連星手芸部員が何か書くよ

そして、私の知る限り当時今村さんの事を心配してメインスタッフで言及していたのはキャラデザの秋谷さんだけだったのですが、その秋谷さんが関わってないというのは本件に全くの無関係だとしても製作への不審感を覚えます。こういう状態でお楽しみにとか言われても私は無理です。最初に書いた外的な要因でモチベがダダ下がりしていたところにクリエイターが降板してるって、まさか自分がこんな事口にするとは思いませんでしたが、これが公式との解釈違いというヤツですか?3Hzだったから作品を信じたという面は大いにあったわけです。納得出来るかどうかは私次第なのでその点にしつこく食い下がるつもりはないですが、せめて公式から現状の説明は欲しいです。

あと、念の為に言っておきますが、私は外的な要因のアレコレで一部ファンを名乗るクラスタにも現状の製作にも嫌悪感や不信感を持っているというだけであって、『プリンセス・プリンシパル 』テレビシリーズのアンチではないです。素晴らしいアニメです。その点だけは絶対に履き違えてはいけないと常々思っています。

そしてこれは非常に個人的な事ですが、一挙上映会の時に贈った作品が「素敵なアンジェ 」と橘監督に評されて公式アカウントにもRTされた事により公式サイトにも掲載された事、当時、非常に嬉しかったです。同時に、3Hzの前作とは異なり、公式サイドはファンアートを一切掲載しない方針だと思っていましたので、あの対応には非常に驚きました。それが、今こうやって公式サイドにここまで言っている自分の落差に対し、自分自身、身勝手ながら非常に失望しています。

 

以上