六連星手芸部員が何か書くよ

基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ、アニメや漫画の感想、考察、レビュー、再現料理など。 本音を言えばあみぐるまーです。制作したヒトガタあみぐるみについて、使用毛糸や何を考えて編んだか等を書いています。

アニメ感想・考察

※8/2追記『竜とそばかすの姫』における児童相談所の描写について

これだけはどうしても訂正しておきたいので感想や考察に先立って取り急ぎ記述します。劇中で描かれた児童相談所の出動に関するやりとりにおいて“児相の出動までにルールによって48時間を要する”かのような誤解を与える描写がありましたが、実際にはこの48時…

『劇場版 少女☆歌劇レヴュースタァライト』感想と考察〜メタフィクションのレヴュー

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト テレビシリーズではガッツリ考察して物語を解体した一方、本稿は感想とも考察とも付かない何か。メタフィクションのレヴュー以外の項は蛇足かもしれない。どうせみんな同じ様な事を言ってるだろうから。 あらすじ 皆…

『Vivy -Fluorite Eye's Song-』より「Elegy Dedicated With Love」歌詞

雨が落ちている 高い空から地上へ 一度きりのキス それは水の冠 恋に落ちるのは 予測のできない場所 抱きとめられたら 弾けても幸せと 殉愛 dedicate 切ない声をあげる 捧げたいひとの暗い眼を 覗きこんだなら つめたい淋しさや哀しみの 向こう側へいこう 抱…

『Vivy -Fluorite Eye's Song-』6話は何故こうも高純度で残酷なおねショタとして成立しているのか

普段、単独話数の感想って書かないのですが、なんて残酷で徹底されたストーリーなんだと思い色々と書いた次第です。 AIだから愛したわけじゃない 少年は一生、憧れのお姉さんには追い付けない 運命でも宿命でも無い AIだから愛したわけじゃない 冴木博士が幼…

こうして、宇宙は交際したての初々しいカップルが爆発して誕生した〜『HELLO WORLD』感想と考察

本稿は映画公開当時に観た際にも何か書こうとして幾らか下書きをしていたのですが、上手くまとまらずにそのままお蔵入りしていました。しかし、今回アマプラでの配信を機に観直したところ、初見時よりも色々と見えてくる物が多くてより楽しめたと感じられた…

総括 筆者の『新世紀エヴァンゲリオン』感想、考察(※『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を含むネタバレ有り〼)

本稿は現在公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を含む新劇場版『ヱヴァンゲリヲン』シリーズやテレビシリーズ、旧劇場版、漫画版(貞本版)の『新世紀エヴァンゲリオン』のありとあらゆるネタバレを含みます。 エヴァ遍歴(公式媒体) 二次創作/ファン…

『マイリトルゴート』 感想と考察

本稿は虐待についての暴力描写に関する考察を含みます。ご了承の上で閲覧ください。 ・本編 【臨時配信】 マイリトルゴート / My Little Goat 2021/03/01追記 配信期間終了しましたが、作品概要や監督コメントが掲載されている作品ページはそのままなのでリ…

『ワンダーエッグ・プライオリティ』 覚書 各話感想と考察

卵を割って、セカイを変えろ。 TVアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」公式サイト 第1回「子供の領分」視聴 原案・脚本の野島氏のインタビュー 今期はこれだけ観届けられたら自分はもうそれで良いと思えた作品です。感想と考察と大それた事言ってますが…

『アサルトリリィBOUQUET』覚書 各話考察と感想

全話脚本を兼任している佐伯監督のインタビューはコチラより、おでここっつん 本編はコチラより Amazonプライムビデオ『アサルトリリィBOUQUET』 毎話公式タグが異なっていて自分の感想、考察?というか覚え書きを読み返すのが手間なのでここにまとめます。…

種の誕生におめでとう『映画ドラえもん のび太の新恐竜』感想と考察

映画ドラえもんは子供の頃にリアルタイムに劇場上映を最初から追える世代ではなかったので、子供の頃はよくレンタルで過去作を観ていました。それが今は配信サービスで気軽に視聴出来るようになり、良い時代になりましたね。自分はコンテンツから長い間離れ…

惨劇のレヴュー 劇場版『再生産総集編 少女☆歌劇レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド』感想と考察

鑑賞直後は内容というか制作陣の意図を汲みかねて、非常に困惑して…もっと突っ込んだ言い方をするならラストの凄惨な描写には、正直、怒りにも近い感情を覚えました。しかし、そうなった理由、自己の解釈に一定の結論が出たので文章として残します。それは最…

コロナ禍の今こそ観るべき、そして二度と観たくない名作『DEVILMAN crybaby』感想

Devilman Crybaby | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト ネタバレはそれなりに記述しますが、多分、この作品は文章で説明されてもあまりピンと来ないと思います。本作の残虐性の肝はあくまで人間の精神的、心理的な負の側面であり、描かれた残虐描写の数…

【R15+】『メイドインアビス 深き魂の黎明』度し難い感想と考察

Amazonプライムビデオ 『メイドインアビス 深き魂の黎明』見放題配信開始 ネタバレ有りなので未視聴の方はブラウザバック推奨。 表現にもあまり言葉を選んでいないので、そういうのを目にするのも嫌という人もブラウザバック推奨。 ↓しばらくスクロール ・こ…

SF忍者アクション『BLACK FOX』各種配信リンク集、感想と考察、今後に期待することについて

アニメ「BLACKFOX」特集 | 東映ビデオ株式会社 Blu-ray &DVDhttps://www.toei-video.co.jp/special/blackfox-anime/ 各種配信(レンタル&DL販売) ※アプリだと上手く開かない場合があるのでブラウザの別窓で開いて下さい。・YouTube 2021.8.1〜8.31まで期間限…

『天気の子』感想と考察-物語の構成に『君の名は。』を添えて-

さて、手違いで凪くんの魅力を考察する記事を先に書いてしまいましたが、本稿では『天気の子』本編について劇中の象徴的な要素に触れながら考察していきます。 …が、ぶっちゃけ本稿で読むのは最後の項だけでも良いです。あとは蛇足です。 ・構成上最も異なる…

『天気の子』-凪くんが支持される理由を新海誠監督の少年観と共に考察する-

ker-六連星手芸部- on Twitter: "細田守監督と新海誠監督は、家族観や女性観よりもショタという存在に対する認識が決定的に違うと感じられたので、誰か御二方の対談をセッティングして欲しい。多分、取っ組み合いの喧嘩になる。" えー、最初は『天気の子』の…

『海獣の子供』シナリオ、設定の解釈を盂蘭盆の行事から試みる

本記事は映画『海獣の子供』についての個人的な解釈を記したものであり、一般的な感想や考察、解説とは趣が異なります。また、実際に原作の元となった神話や伝承とも異なる内容、理解です。予めご了承下さい。 ①劇場版あらすじ ハンドボール部に所属する琉花…

-自分を見つめない彼だけが、本当の自分を想ってくれた- 『SSSS.GRIDMAN』考察と感想

『SSSS.GRIDMAN』最終話、本当に心動かす素晴らしいアニメでした。 でも、11話まで観た段階では、裕太が実はグリッドマン本人だったという展開に対して、凄く梯子を外された気持ちになっていたんですよ。じゃあ、合コンのストーキングしてたのは何だったんだ…

怪獣ってなんだ!? ~総評『GODZILLA 怪獣惑星/決戦機動増殖都市/星を喰う者』

・前書き 『シン・ゴジラ』に続き、1年に渡って上映された和製ゴジラ復活作第2弾『GODZILLA』(通称アニゴジ)シリーズが完結しましたね。第一章公開当初から、従来の世界観とは全く異なるスケールの大きなSFが展開され、色々と波紋を呼んだ作品となりましたが…

つまりは『フリクリ』ってなんだ!?『フリクリ プログレ』感想

『フリクリ』そのものの概要や『オルタナ』の感想は前回の記事も併せて参照して下さい。 そもそも『フリクリ』ってなんだ!?『フリクリ オルタナ』感想 - 六連星手芸部員が何か書くよ 『エログロ』 今作『プログレ』では毎話アバンにヒドミの見ている夢の情景…

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』考察のレヴュー 『スタァライト』とは?

この記事を読んでいる方にはまずいないと思いますが、もし未視聴の方がいらっしゃいましたら、YouTubeで1話が常時フルHD画質で無料配信されていますので、まずは是非ご鑑賞下さい。 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』素晴らしい作品でしたね。昨今、原作枯…

素晴らしきボーイミーツお姉さん『ペンギン・ハイウェイ』感想

YouTube 学生時代の自主制作作品、『フミコの告白』と『rain town』で文化庁メディア芸術祭で2年連続受賞された石田祐康監督の、そしてスタジオコロリドの初長編作品『ペンギン・ハイウェイ』を観てきました。静動からリアルデフォルメまで、アニメーション…

ファンタジーに対する誤解〜『おおかみこどもの雨と雪』を考察する

・率直に言ってどういう映画なのか 結論から言いますが、ハンディ(障害)を抱えた子どもを育てるお母さんが事故で夫を亡くしてシングルマザーとなり、都心で子どもたちを育てる事に限界を感じて田舎に引っ越す、という内容です。よく、「スーパーお母さんが非…

『未来のミライ』を解説する

細田作品フォロワーの私も手放しで絶賛したりはしませんが、それでも言い掛かりとしか思えないレビューや感想が目立つ様に思います。家族じゃなきゃダメなのかとかお兄ちゃんやんなきゃいけないのかとか、そういう風に憤慨してる人が多い印象ですが、それは…

『さよならの朝に約束の花をかざろう』これから観賞する方に向けて

決して優しさに溢れた世界ではないですし、そこに住まう人々の差別や偏見、身勝手さも描かれます。描かれたストーリーは、それが自然の摂理であっても、人間の感情にとってはどうしようもなく理不尽な運命に映るかもしれません。描かれる永い時間の中では場…

箱庭の並行世界への逃避行『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』解釈と考察、感想

まず前提として、自分はこの映画、完全に初見というわけではなく、10年以上前になりますが原作ドラマの映画版を見てます。なので、ややうろ覚えではありましたが物語の大筋の内容は知っている状態での鑑賞です。したがって自分は、余計な事を考えながら観る…

〜子どもの為に語られる"ウィザード"の御伽噺〜『ひるね姫』ネタバレ感想と考察

昨日の記事では、観賞のポイントについて少しだけ考察しましたが、今回はネタバレ有りで補足して色々と書いていこうと思います。 さて、自分がこれまでに観てきた神山監督の作品ですが、『攻殻機動隊SAC』シリーズ全作、『精霊の守り人』、『東のエデン』シ…

超ひも理論と神隠し、隠り世の宇宙が紡ぐ交換日記『君の名は。』考察と感想 修正版

大筋の内容は前回の記事と変わりませんが、あの記事を書いた段階では、まだ映画を一回観ただけで、小説版すら未読という状態だった為、記憶違いや時系列に関する勘違いがありました。それを修正して但書を付けていく作業を続けても、だんだん読み辛くなって…

考察『放課後のプレアデス』最終話

今まで断片的に話してきましたが、放送終了から1年という事で総括として。総括と言っても、あらすじやキャラクターの魅力等については、多分ここでは何も言いません。かと言ってシナリオの根底にある(と、自分が思っている)モノについてはガンガンネタバレし…