読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレアデス手芸部員が何か書くよ

基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ(http://twitter.com/cs_ker)。中の人は『放課後のプレアデス』推しだが、これ関連の記事は稀。ちなみに、「プレアデス手芸部」とは、アニメ『放課後のプレアデス』をモチーフにして、編み物や刺繍等のハンドメイドでなんやかんや作ろうって活動です。twitterでの検索タグは、 #プレアデス手芸部 よりどうぞ。

放課後のプレアデス好きに贈るアニメを語る

以前twitterに上げた3作品について、あらすじ補足を加筆修正して掲載

 

灰羽連盟
壁に囲まれた街に、天使の様な姿で少女が生まれ落ちる。少女は、真っ直ぐに空から落ちていく夢から「ラッカ」と名付けられ、穏やかな優しい世界を過ごす。しかし、季節が巡りやがて冬が訪れると、心の葛藤、罪、そして救済が、生々しく描かれる。
原作安倍吉俊氏により、キャラ原案、シナリオ構成、全話脚本の他、街や建物の外観、内装、小物や服飾のデザイン、劇中に登場する絵画に至るまで、あらゆるデザインが描き下ろされた。また、OPテロップや劇中に登場する札の文字まで氏の直筆となっている。ここまで一人の作家性が前面に出たアニメ作品は、後にも先にも灰羽のみではないだろうか。

選定理由:その世界にやってくる、世界を見る、個別回、一つの別れ、2人の物語にシフト、相手の世界と絶望を知る、そして、相手の手を引く。最終回に向けて、ひたすら丁寧に積み重ねて。 その構成の近さから選定。

電脳コイル
街中に電脳空間が形成されている近未来の金沢。時を同じくして転校してきた2人の「ユウコ」が体験する、怪談や迷信にも似た電脳空間での出会いと別れを通し、子ども達の喪失と成長が描かれる。
歴戦のアニメーター、磯光雄氏の初監督作品。昭和の懐かしさと近未来の電脳技術が共存した、SFジュブナイルの傑作。原画陣にはジブリ、IG、MAD HOUSEの劇場アニメの作監クラスが名を連ね、その動きには、まるで質量が伴うかのような錯覚を覚えるほど。また、おじじこと小此木先生のモデルは、おそらく実在の精神科医小此木啓吾氏。氏の著書『対象喪失』は、この物語を読み解く助けになる。

選定理由:SFジュブナイルというジャンル、2人のユウコの関係性、ヒロインに救いを得るクライマックスへと至る展開から選定。ちなみに、優れたハッカーの敬称の一つにウィザード(魔法使い)が挙げられる。

輪るピングドラム
病気を抱える少女陽毬は、双子の兄、冠葉と晶馬と3人で暮らしていた。兄弟が陽毬の余命を宣告される中、3人は思い出の水族館を訪れるが、そこで陽毬の命の灯が消えてしまう。しかし、謎のペンギン帽の力によって陽毬は蘇り、ピングドラムを探すよう兄弟に命じる。
ウテナで知られる幾原邦彦氏監督作。全編を通して、友愛、家族愛、恋愛、様々な愛が描かれる。どんなに悲惨な運命であっても、愛によって救われると信じさせてくれる作品。独特な演出も魅力的。『銀河鉄道の夜』が物語のモチーフになっており、同カットで繰り返し描かれた日常が、最後にどのように帰結するかは見所の一つ。物語後半、トリプルHが歌うARBカバー曲がどれも素晴らしい。

選定理由:愛によって救われるその根底のテーマから選定。