六連星手芸部員が何か書くよ

お基本的には、ツイッターに自分が上げたネタのまとめ。アニメや漫画の感想、考察、レヴュー、再現料理など。

けるさんちの今日のご飯 2019年4月

炒飯

卵溶かずに直接割り入れ

f:id:cerberus_cs:20190410224309j:image

じゃがオムレツ

蒸かし芋をケチャップで味付けてオムレツで包むと美味しいと聞いたのでやってみた

マッシュポテトは温めておいた方が良かったかも

f:id:cerberus_cs:20190418212318j:image

f:id:cerberus_cs:20190418212325j:image

春の新野菜カレー

f:id:cerberus_cs:20190425212022j:image

連日カレー後の風呂吹き大根とつくね

f:id:cerberus_cs:20190425212041j:image

ナンのレシピの試行錯誤は続く

f:id:cerberus_cs:20190426210211j:image

f:id:cerberus_cs:20190426210222j:image

カルボナーラ

やっぱ一回火止めないとこうならないんだなって

f:id:cerberus_cs:20190427143500j:image

けるさんちの今日のご飯 2019年3月

唐揚げ

やっと揚げ鍋の火加減がわかってきた今日この頃

片栗粉多め、気持ち弱火で維持する感じの方が上手くいくかな?

f:id:cerberus_cs:20190305042134j:image

チキン南蛮

ネギだく美味しい

f:id:cerberus_cs:20190314052816j:image

野菜にゴマすっていい顔した

f:id:cerberus_cs:20190305042238j:image

鶏大根

落ち着く

f:id:cerberus_cs:20190314053934j:image

アスパラ肉巻きマヨネーズ炒め

マヨを油代わりに味付けは醤油だけ

f:id:cerberus_cs:20190317215309j:image

クロワッサン

これでもかと層を織る

f:id:cerberus_cs:20190317222057j:image

毎月20日カレーの日

銀の匙のチーズナンとチキンカレー

f:id:cerberus_cs:20190321021145j:image

f:id:cerberus_cs:20190321021154j:image

後日リベンジのチーズナン

ふっくらモチモチに焼き上げる為には、どのご家庭にもあるタジン鍋を使えば良いという事を思い付く

f:id:cerberus_cs:20190326224917j:image

f:id:cerberus_cs:20190326224932j:image

f:id:cerberus_cs:20190326224951j:image

自作柚味噌の風呂吹き大根

f:id:cerberus_cs:20190330200206j:image

電気グルーヴの音源の出荷停止なんてロックじゃないぜ!!出演者逮捕記念『アウトレイジ』リバイバル上映を実施しよう!!

はい。では炎上しそうなタイトルで釣ったところで真面目な話をしようと思います。(タイトルには③で触れます)


①どうして販売、配信の自粛をするの?

電気グルーヴの音源の出荷停止、在庫回収、配信停止を撤回してください」の署名活動が話題ですが、企業の被るデメリット以上のメリットを提示しない限り、こういったお気持ちは受領されないと考えます。企業が公に発表しているわけではないので、コンテンツの販売や配信を停止する理由の本当のところはわかりませんが、おそらく

・利益が薬物購入などの反社会的な行為に使用されるのではないか

・企業が犯罪行為、反社会的な行為を間接的に援助しているのではないか

などの批判によって企業イメージがダウンする事を回避する目的があると思われます。あるいは、契約書の段階でこういった手続きを取る事の合意が交わされているのかもしれません。どの程度イメージがダウンするのかは計りかねますが、一方でコンテンツの販売を中止する事に対しても批判が集まるのですから一長一短ある選択ではありますよね。


②販売、配信の継続を促すためには

上記ではイメージダウンなどの企業のデメリット以上のメリットを提示出来ないのであれば、コンテンツの販売、配信の継続を促す事は難しい、と記しました。であれば、その点を回避する事が出来れば継続可能なのではないかと思います。

個人的な提案ですが、わざわざ費用を掛けてコンテンツを全回収するくらいなら「売り上げの一部を薬物撲滅の為の社会福祉に寄付します」くらいの落とし所を企業が示せば良いと考えます。これなら

・CD売り上げの利益が犯罪に利用されるという批判を回避出来る

・ユーザーは自己の判断でコンテンツを購入するかどうかを決められる

・企業にとって犯罪に加担するためではなく公共の福祉のためにコンテンツを販売するという建前が出来る

と、双方納得のいく形で色々とメリットがあると思います。たとえ、犯罪や反社会的な行為に手を染めてしまった人がコンテンツに関わっていたとしても、そのコンテンツを販売する行為は反社会的なモノではなく、公共の福祉のためになる事であると定義付ける事が出来ます。その上で、嫌だと思う人はコンテンツに触らなければ良い話です。


③具体的に何が出来るのか

最初にタイトルで釣ったと記しましたが釣りタイトルではないです。絶対に炎上すると思いますが「出演俳優逮捕記念アウトレイジリバイバル上映」とか企画して出資するような頭のネジが飛んだ人がいても私は別に良いと思うんですよ。滅茶苦茶批判されると思いますが、観に来る人もそれなりにいそうじゃないですか?勿論、その売り上げも②で論じた通り「一部を薬物撲滅のための社会福祉に寄付」すれば良いと思います。出演者本人の許可は必要ですし、確実に炎上すると思いますけどね。でも、不謹慎とか反社会的とか言われると思いますけど、絶対に社会福祉や公共の利益の役に立つじゃないですか。その建前を批判するというのも変な話ですよね。どうでしょうか?


以上

けるさん家の今日のごはん 2019年2月

フレンチトースト

Lサイズの卵なら食パン2枚ひたひたにしてもいける

f:id:cerberus_cs:20190203193605j:image

昆布と鰹節、大根の葉の佃煮

出汁を取った後のを細かく刻んで砂糖、酒、醤油で煮詰める

f:id:cerberus_cs:20190203230350j:image

お好み焼きにマヨネーズの模様描きたくなる事があったりなかったり

f:id:cerberus_cs:20190205025028j:image

辛いトマトパスタ

チリペッパーどばっといって結果的にそうなった

f:id:cerberus_cs:20190209121800j:image

ミルフィー

豚バラはある程度厚みがあった方が美味しいという事が分かった。あと、出来れば湯通ししてアクを切っておいた方が良い。

f:id:cerberus_cs:20190214014329j:image

手羽先トマト煮込み

湯通しした手羽先を玉ねぎ、エリンギと一緒にオリーブオイルで炒め、白ワイン、トマト缶、ケチャップ、ウスターソース、塩胡椒、コンソメ、水を適量加えて弱火で煮込む。

f:id:cerberus_cs:20190214014321j:image

トマトカレーラーメン

毎月20日カレーの日

薄切り大蒜と青梗菜一株をオリーブオイルで炒め、白ワイン50mlを加えてアルコールを飛ばし、トマトジュース150ml、鶏はむスープ200ml、塩小さじ1、カレー粉小さじ1、ガラムマサラ小さじ1/2を加え、少し煮て酸味を飛ばしアクを取る。別茹でのラーメンとあえて鳥はむを乗せたら、マジックソルトと粉チーズ。

f:id:cerberus_cs:20190220125917j:image

f:id:cerberus_cs:20190220125926j:image

甘々と稲妻』最終巻より、豚の角煮

レシピは完コピ、箸で切れる!!

f:id:cerberus_cs:20190227203916j:image

 

30秒はセーフ?アウト?駆け込み乗車って何秒前までセーフなの?-ゼノンのパラドックス的解釈論

<駆け込み乗車って何秒前までセーフなの?>

さて、路線バスが発車30秒前を理由に車椅子の乗車を断った事の是非について話題になっていますが、まあ、30秒前なら…、と思う人が相応にいる事が議論の発端かと思います。では、これが20秒前なら?微妙なラインだと思う人は増える事はあっても減る事はないかなと思います。もし、これが10秒前なら?鉄道なら間違いなく「駆け込み乗車はやめて下さい」とアナウンスされている事でしょう。仮に、5秒前なら?どうでしょうか?


<駆け込み乗車のパラドックス>

でも、考えてみて下さい。もし、「発車前であれば乗せるべき」という前提が正しいのであれば、何秒前であろうとその考え方にブレは生じないハズです。たとえ発車の5秒前、1秒前、0.1秒前、それが0でないのならどこまで刻んでも乗客は発車時刻に追い付く事はないので、理屈の上では何秒前でもセーフです。駆け込み乗車なんてモノはこの前提の上では存在し得ません。


本当に?


<理屈とフィーリングの差別化>

上記のパラドックスでは極論を吹っ掛けたわけですが、現状でこの問に明確に答えられる方がいたら一報頂きたいところです。

ここからが本題ですが、30秒前という時間の是非について、これをフィーリングではなく理屈を立てて判断してる人はどれくらいいるのでしょうか?発車前であれば載せるべきという前提を遵守した場合、上記のような極論に行き着くなと考えた人はどれくらいいるでしょうか?自分は「なんだか前提がおかしいな」と思うんですよ。

※参考

ゼノンのパラドックス - Wikipedia


<実際問題どうすればいいの?>

車椅子の話に戻りますが、鉄道では駅の係員さんが車椅子の乗客の方を案内されている光景を日常的に見掛けるかと思います。密に業務連絡を取りながらスムーズに作業されていて、それが原因でダイヤが乱れるという状況には私は遭遇した事はないです。そして「鉄道 車椅子」とググった場合、すぐに必要な案内に辿り着きます。

お身体の不自由なお客さまへ>歩行の不自由なお客さまへ>車いすをご利用のお客さまへ:JR東日本

車いすをご利用のお客様:JRおでかけネット

 

f:id:cerberus_cs:20190228183322j:image


じゃあ「路線バス 車椅子」でググった場合はというと…

f:id:cerberus_cs:20190228183339j:image

f:id:cerberus_cs:20190228183344j:image

まあ、事が起こったばかりなのでこうなるか、という感じではありますが、それを除外しても案内としてトップに出てくるのは下記のご当地の情報です。つまり、一本化された規定が無いか、有っても検索の上位にヒットしない状態なのかのどちらかだろうと思われます(普通こういった公共の情報は、前述のJRの案内のように検索上位に入るものです)。


車椅子で路線バスをご利用のお客様へ - 宇部市交通局


ここまで考えると運転手個人の問題とは言い難いと私は思います。明確なマニュアルが有るのか無いのか、有るとは思いますが周知されているとは言い難いですし、最初にパラドックスで吹っ掛けた通り「発車前なら乗せるべき」という曖昧な前提では今後も同様の問題が起こる事は想像に難く無いです。そもそもワンマン運行で車椅子対応可能なのかとか、事前連絡のお願いをJRみたいにもっと周知した方がいいんじゃないかとか、本来の発車時刻とはある種の別枠で乗車時間を確保するという可能性はないのかとか、色々と具体的に考える事は出来るのではないかなと思います。車椅子に限らず足腰の弱い御年寄が乗車に時間の掛かる事なんてよくある事ですし、乗せる乗せないなんて無意味な押し問答をしてないで色々と「前提に無理がある」という点を考えるべきかなと思います。


以上

DL違法化ってホント?一次ソースの「文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 報告書」を紹介する

①DL違法化ってホント?

さて、DL違法化に反対と何やら盛り上がっていますが「本当にそうなのか?」という点についてサクッと検証します。


DL違法化、研究者や弁護士ら87人が緊急声明 「国民生活に及ぼす影響、検討が不十分」|弁護士ドットコムニュース

https://www.bengo4.com/internet/n_9267/


との事ですが、記事の中にはこの文章のソースのリンクが掲載されていないんですよね。

f:id:cerberus_cs:20190219223404j:image


という事で、問題視されている文化審議会著作権分科会というのが下記のリンクとなります。正確には「文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 報告書」ですね。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/pdf/r1390054_02.pdf


で、まずはやたら煽られているスクリーンショットに関する文章ですが、下記の通りページ内検索をかけてみても179ページに及ぶ文書において登場回数は僅か4回(3ページ)です。

f:id:cerberus_cs:20190219223343j:image
f:id:cerberus_cs:20190219223332j:image
f:id:cerberus_cs:20190219223337j:image
f:id:cerberus_cs:20190219223327j:image
いずれも、スクリーンショットを違法とする旨の文章ではなく、「必ずしも違法アップロードによる被害全てに対応することまでは求められず」「ブログ記事の一部にマンガ(有償)の違法画像が(筆者による中略)刑事罰の対象にならないものと考えられる」「もとより、ダウンロードが違法化されるのは違法にアップロードされたという事実を確定的に知っている場合に限られるため」などなど、どこにもスクショ=違法に直結するという旨の文章は登場しません。

スクショ論争の発端となったのは下記の記事ですが、この見出しは何処から出てきたんでしょうね?


著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000035-asahi-pol


次に「ダウンロードする事を全面的に違法とする」とした弁護士ドットコムの記事ですが、先に挙げたスクショの話だけでも既に例外となる場合について検討されているのが分かりますよね?つまり「あらゆるコンテンツ」も「全面的に違法」も元文書を少し読むだけでも誤りである事がわかります。一昨日も記事にしましたが、一次ソースを読んで情報の正誤を確認する必要があるという事です。

「ソース出せよ」に学べ-炎上ニュースの火元と情報改変を列挙する-

http://ker-cs.hatenablog.com/entry/2019/02/17/110338

そもそも、朝日新聞の記事も弁護士ドットコムの記事も、共に情報元である「文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 報告書」へのリンクが掲載されていない時点で「なんで?」って思うポイントですよね。これを根拠に書いているのですから、「こんな悪い事を企んでいるんですよ」って堂々と紹介すればいいじゃないですか。なんで出来ないんでしょうね?という問いへの回答は上記の通り「そんな事書かれてないから」でした。


②「文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 報告書」はどう読めば良い?

このままでは引用した記事同様に見出し詐欺になってしまう為、この長い文章をどう読めば良いかについて個人的な見解を記します。まあ、「◯◯という場合にはどうなるのか」という思考実験について書かれた文書としても読み応えがあって面白いので、少しずつ読み進めていっても良いと思いますが、とりあえず興味のある単語でページ内検索をかけてみて、「これって自分に影響あるの?」という事を調べるところから始めてみるのも悪くないのではないでしょうか。

さて、皆さん気になっているであろう「SNS」という単語について検索をかけたところ、全部で13件ヒットしました。思ったより少ないですかね?で、中にはSNSを用いて違法DLサイトへの誘導を行う事が違法の対象となり得る旨の記述もあります。…ありますが、私がこう記した文書は正確な引用ではないですよ?間に受けちゃダメですよ?本文中では前後に例外となる状況が明記されてますし、欄外にも引用文献や懸案事項が記されてますよ?

f:id:cerberus_cs:20190219223609j:image

f:id:cerberus_cs:20190219223615j:image

というわけで、どういう状況がダメなのか、何が例外として想定されているのかという事を、ちゃんとご自身で読み込んでいってみましょう。


以上

「ソース出せよ」に学べ-炎上ニュースの火元と情報改変を列挙する-

最近、マスコミによる切り抜き報道が話題ですが、騙される(悪用する?)方が後を絶ちません。その原因は「切り取られた情報の出自(ソース)はどこなのか」「元の情報はどんな内容なのか」「改変された情報はソースと何が変わっているのか」等を確認する習慣が無い事、及び、その上で内容を確認しないまま情報を拡散する習慣は有る事、によるものだろうと思われます。今回は、極短時間で改変された情報が爆発的に拡散された事例であったため、ここにその変遷を列挙して簡単に内容を併記します。

※ソースって何?という点に関してはニコニコ大百科の「ソース」記事における「ソース出せよ(情報工学とソース主義編)」の項が割とわかりやすいです。

ソース - ニコ百 https://dic.nicovideo.jp/id/4396499 


②二次ソース

①から切り抜かれた情報。既に意味は変質している

白血病を公表 池江選手に励ましの声 | NHKニュース   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190212/k10011812351000.html


③三次ソース

②に対するSNS等におけるコメントやツイート


④四次ソース

③を編集したモノ

池江選手の白血病「がっかり」「下火にならないか心配」 桜田五輪相に批判殺到 https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/sakurada


④四次ソース(転載であるため同様に四次ソース、主に炎上したリンクはこれ)

池江選手の白血病「がっかり」「下火にならないか心配」 桜田五輪相に批判殺到(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010001-bfj-spo


⑤五次ソース

④に対するSNS等におけるコメントやツイート


⑥六次ソース

⑤をまとめブログなどが編集したモノ


⑦七次ソース

⑥に対するSNS等におけるコメントやツイート


①一次ソース

本来の情報源。ローデータ。改変されていない情報。一番最初に提示されて然るべきだが、情報としては最後に出回った

白血病」公表 桜田五輪担当相発言全文

http://www.news24.jp/articles/2019/02/13/04416996.html


一次ソースが最初に提示され、それに対して批判が起こるのであればそれは仕方のない事です。「改めて全文を読んでも印象が変わらない」という方もいますが、最初に提示された二次ソース以降の情報によって「◯◯が悪い」という認知バイアスが形成される事も原因の一つとして考えられます。今回の事例では、先に示した通り最初に提示された情報は既に改変が施された二次ソースであり、それに対するリアクションを基にした四次ソースが主とした炎上元となっています。二次ソースの時点で情報の信憑性が失われているのですから、四次ソースまで行くと最早原形をとどめていないと言ってもいいです。

「内容の酷い二次創作に対して書かれた論評を基に一次創作を発表している公式に文句言う」ようなものですね。そんな事されたらたまったものじゃないでしょう?


「ローデータではない(何らかの編集がされている)限り、その情報には何らかの思惑や意図が必ずあるので、その点は念頭に置いて、何が改変されているのか何故改変されているのかに注目してデータを読むべき」

と、高校の社会の授業でメディアリテラシーに関連して習ったモノですが、とりあえずこの内容だけでも持ち帰って頂ければと思います。

 


以上